一人 寂しい 病気

病気みたいに一人きりで寂しい時は

スポンサーリンク

一人きりでいると、ふと寂しくなってしまうことってありますよね。
寂しいという気持ちが湧き上がってくるのは、人としては普通の感情です。
寂しい気持ちがあふれてくることがあっても、それは人間として自然な感情です。
しかし、中には自分でも病的だと感じてしまうくらい寂しがりやな人もいます。
このように、病気になってしまったかのような寂しい気持ちを解決するにはどのようにすればよいのでしょうか?
何かよい対処方法があれば知りたいですよね。
まず、寂しい気持ちになってしまう原因について考えてみましょう。
例えば、恋人に会えないことが寂しさの原因なのかもしれないですし、新生活を始めたことなどによる環境の変化や人間関係の大幅な変化が原因になってしまっていることがあります。

スポンサーリンク

このようなときには、大好きな恋人や、これまでの人間関係において信頼できる人や会いたかった人に連絡してみるのが良いでしょう。
単純に大切な人に会えない寂しさは、その人と連絡を取り合うことで紛らわすことができます。
しかし、それでも寂しさがまぎれない時には、相手の状況をちょっと想像してみるだけで、感じ方が変わる場合があります。
例えば、こちらから送ったメールに対して、なかなか返信が返ってこないために寂しさを感じることもあります。
しかし、相手はあなたのことを嫌いになったわけでも、ないがしろにしているわけでもありません。
単純に忙しくて返信が遅れているだけかもしれませんし、もともとメール無精なのかもしれません。
寂しい時にはついつい気持ちも後ろ向きになってしまって、ネガティブな感情に支配されてしまうことも多いですが、支えてくれる人に連絡をしてみたり、あるいは
視点を変えて、相手の立場で考える能力を高めていくと、寂しさがまぎれていったり、寂しさに対する強さが身についていくと思いますよ。

スポンサーリンク