30代 一人暮らし 寂しい

30代の一人暮らしで寂しい時にはどうすればいい?

スポンサーリンク

30代でも一人暮らしを続けていると、ふと寂しい気持ちに襲われてしまうことってありますよね。
学生時代から一人暮らしを続けていて、すっかり一人での生活になれてしまっていても、寂しさには勝てないことも多いです。
このように、30代の一人暮らしで寂しい気持ちが出てきた時にはどのようにすればよいのでしょうか?
まず、大きな選択として、今後恋愛をし、結婚する意志があるかどうかが重要な分かれ目になってきます。
これによって取るべき行動も変わってくるからです。
まず、今後恋愛して結婚したいと思っているときには、恋人を作る努力をしてみましょう。

スポンサーリンク

もちろん、恋愛や結婚は相手があるものなので、努力をしたからと言って、すぐに成果が表れるものではありません。
しかし、目標に向かって努力をしているときというのは、余計な考えが頭に入らない分、不安や寂しさを感じにくくさせてくれるという効果があります。
ネガティブな感情がどこかに行ってしまうほど、自分を磨いたり、好きな人のためにやれることを頑張っていると、自然と気持ちが明るくなってきます。
また、恋愛や結婚をする意思がなかったとしても、このように何かに打ち込むという方法自体には効果があります。
例えば、仕事でのスキルアップを目指して資格試験の勉強をしてみるのもよいでしょう。
こちらの場合でも、とにかく目標に向かって突き進んでいるときというのは、余計な雑念にとらわれにくくなるので、寂しさに苦しめられにくくなります。
どうしても寂しくて辛い時には、その状態にとどまっていないで、自分にやれることはないか考えてみるようにしましょう。

スポンサーリンク