孤独 寂しい 愛されたい

孤独で寂しい時の愛されたいという感情

スポンサーリンク

昔から人間には仲間を作って生活を送ってきた歴史があります。
その長大な歴史を見ても、仲間を持っている人間の立場が強いことははっきりしています。
これは人間がより多くの家族を作って、そこで幸福を得たいという心理に関係しています。
人間にとって愛されたいという欲求は普遍的なものなので、無意識的に他人の好意を得ることに夢中になっているのです。
そして、その結果として色々な恋人を作ったり、多くの友人たちと遊ぶなどの行動に走ります。
人間はこういった心理を持って生活をしているため、寂しいという感情に強い嫌悪を覚えることがあります。
これは孤独を感じることが嫌だという一般的な感情なので、誰かに必要とされて穴を埋めたいと感じるのです。

スポンサーリンク

個人が愛されたいと思う瞬間は、孤独になって他人が恋しくなった場合です。
普通に生活していると人間は必ず誰かと接しています。
そういう環境から離れた時に寂しいという感情が生まれて、結果的に孤独だと認識するのが人間の内面です。
これは恋愛においても共通するパターンなので、恋人と離れて孤独感が増していく感情にも関わっています。
こういった孤独感を解消するためには他人に愛されるのが大事です。
人間は常に家族や仲間たちと生活を送ってきた歴史を持っています。
だから寂しい時に他人の力を借りてそれを癒すのです。
その相手が恋人なら癒される効果は更に高くなります。
誰かに愛されることで寂しい気持ちが小さくなるのは、人間に昔から関わっている一般的な心理です。

スポンサーリンク