彼女が就職して寂しいのは、自分の都合からかもしれません

スポンサーリンク

 学生の時には、比較的自由になる時間なども多くあります。
自分の自由に一日のスケジュールを、行き当たりばったりで組む事も可能です。

 

 しかし、恋愛関係のある彼女が、就職する様になると、スケジュールが合わなくなったりして、寂しい場合などもあります。
特に、相手が会社勤め、自分が学生という場合には、社会から取り残された様な気分になる人も見られます。

 

 この時に、自分の寂しいという気持ちを、彼女にぶつけてしまうと、どうにもできない仕事の都合、生活サイクルなどにもぶつかります。
自分もいずれは就職をする時期を迎える訳ですから、相手の立場を理解した対応も必要になります。
自由に会えない時間があると、例えば、週末のどこかで濃密な2人の時間として活用する事もできます。

スポンサーリンク

 中には、男性側が仕事に勤務している社会人で、彼女が学生から就職する立場になるケースなどもあります。
この場合に寂しい、と男性側が感じるのは、自分の都合にいつでも合わせて会えていた事ができなくなる事への、寂しさを感じている可能性があります。
学生の場合には、授業以外は自由な時間を有しているのも学生生活の特徴です。
社会人である男性側が、『会いたい』と言えば、いつでも会う事ができる場合も少なくありません。

 

 相手に対する独占的な面会ができていても、彼女が就職する事で、相手にも社会的な規範の中で生活する都合ができます。
会える時間が少なくなる可能性などもあり、寂しいと感じる事があります。
確かに、会える時間が減る可能性はありますが、共同作業で、お互いの都合に合わせた会い方もできていきます。
相手を思いやる気持ちがあれば、彼女が就職したとしても、寂しいという気持ちは解消されていきます。

スポンサーリンク