老後 一人暮らし 寂しい

老後の一人暮らしで寂しい時はどうすればいい?

スポンサーリンク

老後の心配って尽きない悩みですよね。
生活費はどうしようとか、年金がもらえるまで仕事はどうしようとか、仕事以外に何かやることを見つけないといけないとか、本当にあらゆる悩みがでてくるものです。
あらゆる悩みがある中で、特にも大きいものとしては、老後の寂しさをどうするかというものがあります。
子供が独立してしまって寂しいということもありますし、さらに年月が経てば、配偶者が先に亡くなってしまうという可能性も考えられます。
仮に、結婚しておらず、子どもがいなかったとしても、自分の両親がなくなってしまった後には、必ず孤独が待っていますよね。
このようになってしまうと、非常に強い孤独感や寂しさに襲われてしまいます。
この寂しさに対処するにはどのようにすればよいのでしょうか?
一つの手段としては、老後以降も付き合っていけるような友人を作ることです。
理想としては、定年退職後も楽しめるような趣味を持ち、それを通して友人を作っていくことが良いでしょう。
必ずしも、これまで交友のある人でなくても構いません。

スポンサーリンク

趣味などを通して、新しく友達を作ってもいいでしょう。
年齢が年齢だけに友達ができにくいと思う人もいらっしゃるとは思いますが、意外と趣味や話が合えば、本当に年齢など関係なく、友人はできるようです。
むしろ、これまでの人生経験を生かして、よりより友人関係を築いていくことも不可能ではないようですね。
また、趣味のほかにも、地域のコミュニティに参加するというのもよいでしょう。
コミュニティでお互いがお互いのことを見ていることができれば、少なくとも、孤独に終わりを迎えるということはないでしょう。
誰かのそばにいてあげたり、逆にそばにいてもらうことができるので、寂しい気持ちを抑えることができます。
老後であっても、寂しさを軽減させたり、悩みを解消する手段はあります。
悩む前に、孤独感を解消するための行動をとるフットワークの軽さが大切かもしれませんね。

スポンサーリンク