遠距離恋愛で寂しい時の限界について

スポンサーリンク

いつの時代でも、遠距離恋愛というものは、なかなか会うことができませんので、寂しい想いをしているカップルは多いです。
当然、遠距離なわけですから、会うにしてもどちらかの地へ足を運ぶ必要がありますし、お互いの中間地点であったとしても、普通に近距離で恋愛している人に比べると、会うことそのものが難しかったりします。
ある程度は我慢ができていたとしても、特に女性の場合は、だんだんと寂しい想いがいっぱいになってしまって、それが時間の経過で限界を感じてしまう時があります。
では、限界を感じてしまった時は相手に対してどんな行動をとるべきなのか、そんな時は自分の想いを正直に男性に伝えてみると良いです。
それで展開が変わっていきます。

スポンサーリンク

ただ、相手に想いを伝える時はある意味、自分でも決断を迫られることがあるということは頭の中に入れておかなくてはだめです。
それはどういうことかというと、遠距離で寂しいので限界なので何とかして欲しいと彼氏に伝えた場合、彼がとれる行動としては、自分のもとに呼び寄せるというパターン、彼女のもとへ引越しをするというパターン、そして、仕事などが忙しいので我慢して欲しいというパターンです。
限界なので連絡したのに、我慢して欲しいと言われた時はどうするか、自分で決めておかなくてはだめです。
また、彼女を呼び寄せるときも彼女が仕事をしていれば、当然仕事を辞めてきてくれということになりますので、ここも大きな決断がいります。

スポンサーリンク