寂しい気持ちの伝え方〜メールを使えば上手くいく

スポンサーリンク

 仕事が忙しいといってなかなか会ってくれない、電話にも出てくれない・・・そんなことが続けば寂しいという気持ちが募ってしまいます。
でも、相手の立場からしてみると、心に余裕がない時にいつも寂しいと言われるのは決して嬉しいことではないでしょう。

 

 そんなときには、言葉ではなく文章で思いを伝えるのがおすすめです。
その理由は、一度口に出してしまった言葉は取り戻せないけれど、メールなら送信前に変更・消去することができるからです。
人は感情的になるとどうしても過度な表現をとってしまうことが多く、それが原因で更なるトラブルを引き起こすことも少なくありません。
しかし、文章にすれば自分で読み直してチェックすることができますから、上手く気持ちが伝えられないというときには大変有用な方法となります。

スポンサーリンク

 それでは、メールでの伝え方の具体的な方法を考えてみましょう。
まずは、寂しいという言葉は使いすぎないのがポイントです。
たとえば、「落ち着いたら一緒に旅行に行けるのを楽しみにしている」とか、「次に会える時には痩せてきれいになってるかも」などといったように、ポジティブな発言へ変換してしまうのです。
心が和んだ、思わず笑ってしまったという内容のメールには、返信したくなるのが人の常なのです。
また、送信する時間帯や曜日にも気を配りましょう。
毎日まめに送られてくるメールより、たまに届くメールのほうが真剣に目を通してもらえる確率が高くなります。

 

 寂しい思いの伝え方、いかがでしたか。
自分の思いを伝えたいという気持ちをグッと抑えることが、結果的に相手を振り向かせることにつながります。
いつも相手のことを思いやることができれば、幸せは自然と手に入れることができるのです。

スポンサーリンク