1人暮らしで寂しい場合には、親の有難さを感じる事があります

スポンサーリンク

 生活をする場所には、血縁関係のある人たちが同居している場合もあれば、単身者として生活する場合もあります。
人数等の違いによって、気持ちにも変化を生じる人もいます。

 

 1人暮らしをしていて、寂しいと感じる場合には、その時期や期間などが関係している事もあります。
例えば、家族と一緒に暮らしていて、学校や職場が変わる事で、1人になる生活の場合もあります。
時期が余り経過していないと、親が恋しくなる事があります。
一緒に生活していた時には、うるさいと感じる事があっても、いざ1人で暮らしてみると、毎日自動的にやってもらっていた事も、自分でやる必要に追われます。

 

 1人暮らしになると、親の有難さを感じると共に、寂しいという感情が沸いてくる事があります。
この様な時には、素直な気持ちで、家族に電話をしてみるのも、こころの平安に繋がる時があります。

スポンサーリンク

 1人暮らしになると、寂しいと感じる場合、例えば、地方から都心部へ引越しをした時などがあります。
都心部での生活は、非常に便利な部分があります。
地方に比べると、集中して人口も多いため、喧騒の中で生活をするという場合もあります。
しかし、会社や学校から疲れて部屋に帰ると、1人である事を実感する瞬間があります。
場合によっては、実家からの荷物などが届く事もあります。
親が側にいない寂しさに駆られる事もあります。

 

 1人暮らしをしていて、寂しいと感じる場合には、可能であれば、暮らし方を変えるのも一つの方法です。
誰かとシェアハウスで生活する、あるいは、実家近くに転居してみるなども候補になります。
中には、親が側に居てくれると安心する、誰かが一緒に居てくれると心強さを感じる人もいます。
どうしても、精神的に滅入ってしまう事が多いのであれば、暮らし方を変えたり、自分が集中できる趣味などを見つける事で対処も可能になります。

スポンサーリンク