別れたい けど 寂しい

別れたい!けど、寂しい…そんなときの気持ちの整理の仕方は?

スポンサーリンク

恋人と付き合っていると、最初はお互いテンションが高く、基本的には相手の良いところしか見えてこないものですが、だんだんと付き合いが長くなり、最初の高かったテンションも落ち着いてくると、徐々に相手の短所も目に付くようになってきます。
相手の悪いところも見えてくるようになり、それがあまりにもひどい時には、別れてしまいたいという気持ちにもなりますよね。
しかし、このときに複雑な心境になることがあります。
それは、相手と別れてしまいたいけれど、別れるのは寂しいという気持ちです。
このような気持ちは、なぜ生じてしまうものなのでしょうか?
そして、この複雑な気持ちはどのように整理すればよいのでしょうか?
まず、なぜこのような相反する気持ちが出てくるのか、その理由について考えてみましょう。

スポンサーリンク

このような気持ちが生じてくる理由としては、相手とのいい思い出が思い起こされてしまったり、相手の長所についても思い出してしまうために起こってしまうというものがあります。
このように、別れたいという気持ちがあるのにも関わらず、相手との素敵な思い出や、相手の良いところにもきちんと目が向いているあなたは素晴らしいです。
ぜひ、いやなところだけではなく、相手の良いところにももっと意識を向けて、お付き合いを続けていくことができないかどうか考えてみるようにしましょう。
また、複雑な心境が現れる理由として、一人きりになってしまうのが寂しいというものもあります。
これは、上記のような相手への想いというよりも、自分が一人になってしまうのが寂しいという、自分の気持ちに対する反応が原因です。
ですが、そのような気持ちになること自体は悪いことではありません。
今の恋人を大切にするのもよいですし、どうしても我慢ができない時には、ほかの相手を探すという方法もあります。
この場合には、相手にはなるべく辛い思いをさせないように、配慮してあげてくださいね。

スポンサーリンク