寂しい 女 心理

寂しいとついつい言ってしまう女性の心理とは?

スポンサーリンク

大好きな彼氏と一緒にいられる時間が短くなってしまうと、ついつい寂しいという言葉を発してしまう女性は多いと思います。
寂しいと口にしてしまうことによって、相手に重いと思われてしまうかも…
と思いながらも、素直な気持ちが言葉になってしまうことってありますよね。
寂しいといわれた男性側としても、どうして女性が寂しいという言葉をときどき話すのか不思議に思ったことはありませんか?
ついさっき直接会ったばかりでも、電話やメールをした直後でも、寂しいと話す女性もいます。
このような寂しいということを話す女性の心理とはいったいどのような状態なのでしょうか?
この女性心理を男性としても知っておきたいところですよね。

スポンサーリンク

まず、基本的に女性というのは寂しさに対して非常に弱いということを覚えておきましょう。
女性は誰かと一緒にいたり、出来事や気持ちを誰かと共有することで喜びを覚えます。
それが、大好きな恋人となればなおさらです。
このため、女性は、もっともっとあなたと一緒にいる時間をつくり、たくさんの出来事を共有したいと思っています。
会った直後や電話などをした直後にも寂しいという気持ちになってしまうのには、さらにもっと一緒にいたいという気持ちの表れなのですね。
しかし、最近なかなか会うことができていなかったり、連絡を取っていなかったために寂しいといわれてしまった時には注意が必要です。
この寂しいという気持ちは本当に本心から来ており、それを気にも留めないでしまうと、相手から愛想をつかれてしまったりすることもあります。
何より、彼女からの精一杯のシグナルであることが多いので、決して無視などしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク