息子 一人暮らし 寂しい

息子が一人暮らしを始めてしまって寂しいときの対処方法

スポンサーリンク

立派に成長した息子さんが実家を巣立っていくというのはうれしい反面、とても寂しいものですよね。
生まれて、歩くこともしゃべることもできなかった子供が、ついに独り立ちするというのは複雑な心境になりますね。
子供が一人暮らしを始めるタイミングとして多いのは、大学進学などによって地元を離れる場合だと思います。
大学が実家からは通うことができないような離れた場所にあれば、基本的には一人暮らしということになりますよね。
いつかその日がやってくるというのがわかっていたとしても、いざその時になってしまうと、とても辛く寂しいものです。
この寂しさが出てきてしまう時にはどのように対処すればよいのでしょうか?
まず、寂しい気持ちにフォーカスしてしまうのではなく、うれしい気持ちも持っていることを大切にするようにしましょう。
息子さんが一人暮らしを始めるということは、その原因となった出来事があったはずです。
そのほとんどは、息子さんにとって人生のステップがあがるような出来事でしょう。
たとえば、先ほどのような進学であったり、就職かもしれません。
あるいは、好きな人ができて、結婚のために実家を離れることもあるでしょう。

スポンサーリンク

このように、息子さんは無事に人生のステージを前に進めるようになりました。
このことを思いっきり喜んであげましょう。
あとは、息子さんが一人暮らしや新しい環境になれずに、心がくじけそうになった時に、いつでも支えてあげられる体制だけ整えておきましょう。
一人暮らしを始める時というのは、新生活に胸を躍らせており、何とかなると思っていることが多いです。
親は逆に、子どもがうまくやっていけるだろうかと、不安で不安で仕方がないですよね。
しかし、数か月たつと、この気持ちが反転していることがあります。
親の方は子供のいない生活にだんだんとなれ始めるのに対し、子どもの方は、新しい環境にうまくなじむことができず、心細くなってくることがあるのです。
もちろん、すべての子がそうだというわけではありませんが、時として、このような状態にお子さんが置かれてしまうこともありますので、万が一このような状況に息子さんが置かれるようになったのであれば、それをいつでもバックアップしてあげられるように、受け入れ態勢を整えてあげましょう。
これをすることで、ご自分の寂しい気持ちも少し紛らわすことができますよ。

スポンサーリンク