離婚 一人暮らし 寂しい

離婚して一人暮らしが寂しい時にはどうすればいい?

スポンサーリンク

離婚するとなると、なんだか特別な事情があるように思われがちですが、実は、現代社会では、結婚した人たちの3組に1組の割合で離婚となってしまう状態であるといわれています。
意外と離婚というのは身近なものなのですね。
自分は大丈夫だと思っていても、意外と油断ならない数字だと感じますよね。
そして、離婚してしまった後に待っているのは、一人暮らしの生活です。
もちろん、2人の間に子供がいて、その子供が自分の方に来てくれるということもあるとは思いますが、もう一人のパートナーのほうが一人暮らしとなってしまうかもしれませんし、パートナーと自分の立場が逆となる可能性も考えられます。
このようにして、離婚後、一人暮らしを始めることになると、ふと、離婚する前の生活などを思い出して、寂しくなってしまうことがあるようです。
すでに離婚してしまった後なので、これからまた離婚前の状態にすることはなかなか難しいですよね。

スポンサーリンク

このようなときには、どのようにして寂しさと向き合っていけばよいのでしょうか?
これは、あなたの性格によっても対処方法が変わってきます。
例えば、一人でいることが嫌いではなかったり、自分の趣味を持っている場合などは、久しぶりの自分で自由に使える時間を活用して、好きなことに打ち込むという方法があります。
このj方法がとれる人は、そもそも寂しさを感じにくいことも多いですが、ふとした時に寂しさを感じたときには、自由に活動できる自分の立場を前向きにとらえてみるとよいでしょう。
あるいは、一人でいるよりも誰かと一緒に痛いというタイプの人は、この寂しさを逆に利用して、再婚に向けて行動するというのもアリです。
一人でいる時には、なかなか寂しさを紛らわすことが難しいでしょう。
それであれば、逆にその感情をうまく利用するのもよい手段です。

スポンサーリンク